TOKIOインカラミトリートメント

Contents Index

TOKIOインカラミの施術工程

アウルでは、より効果が向上する様にTOKIOインカラミトリートメントの施術方法に改良を重ねています。

現在のアウルでのTOKIOインカラミトリートメント施術工程はここでご紹介する施術工程とは異なっています。
詳しくはスタッフにご質問ください。

また、新しく登場したTOKIOハイパーインカラミトリートメントも新たに導入しています。

詳しくはハイパーインカラミトリートメントのページをご覧ください。

  1. Before施術前

    tokio インカラミ 施術前

    今回はヘアカラーと毎日のカールアイロンで髪が硬くなり弾力を失ってしまった髪を修復します。

    髪の水分と油分が不足し、ヘアカラーの色味がとんだように見えてしまっています。

  2. Step-1TOKIO 0 の塗布

    tokio 0 塗布 TOKIO0

    まず最初に、TOKIO 0を塗布します。
    硬くなってしまったタンパク質を柔らかくし、後のTOKIO1~3を髪の内部まで浸透させやすくします。

  3. Step-2TOKIO 1 の塗布

    tokio 1 塗布中 TOKIO1

    TOKIO 1をよく浸透させるように、髪を手で握りながら塗布します。
    水鳥由来の成分ケラチンを補給し、まずはインカラミのベースをつくります。

  4. Step-3TOKIO 2 の塗布

    tokio 2 塗布中 TOKIO2

    髪質に合わせて、今回はTOKIO 2と2Sを1:1で合わせて塗布します。
    髪をしごくように塗りこみ成分をより内部まで浸透させます。
    そして内部にまで浸透した成分が、髪の内部組織とよく絡む様に髪をたたきます。

  5. Step-410分間の加温

    tokio トリートメント 加温中

    ラップをして10分間加温します。
    熱を加える事で、インカラミ成分の浸透と、髪の内部組織との絡みを促進させます。

    ※【ミストスパTOKIOインカラミトリートメント】の場合はこの工程は省きます。

  6. Step-5TOKIO 3 の塗布

    tokio 3 塗布中 TOKIO3

    加温終了後、重ねてTOKIO3を塗布します。
    髪の組織すべての層に充填される様に、髪全体に塗布した後、髪をしごきます。

    浸透効果の異なる4種類のケラチン成分を、髪の表層にまで充たすことで髪の表面を閉じ、インカラミ反応を完結します。

  7. Step-6シャンプー

    tokio トリートメント シャンプー
    tokio トリートメント シャンプー クリックで販売ページへ

    シャンプーで毛髪表面の余分なインカラミ成分を洗い流します。

    owlではインカラミトリートメントと相性のいい、TOKIO IE インカラミシャンプーを使用しています。
    たっぷりと泡立てて丁寧に揉むように洗います。

    TOKIO IE インカラミシャンプーについては、こちらをご覧ください。

    ※【ミストスパTOKIOインカラミトリートメント】の場合はこのシャンプーの後、10分間のスチームミストの工程をはさみます。

  8. Step-7/8TOKIO 4 の塗布/お流し

    tokio 4 塗布中 TOKIO4

    TOKIO4はインカラミ反応を閉じ込め、効果が持続するための工程です。

    ご自宅でTOKIO HOMEをご使用になる時も、次の施術方法を参考にして下さい。

    TOKIO4Mを手のひらでクリーム状になるまで十分にのばし、まず毛先から中間にかけてなじませます。
    その後、根元まで全体になじませます。

    そして、細めのコームでコーミングをして毛髪一本一本にムラなく十分にいきわたらせます。
    トリートメント剤を手で付けるだけですと、どうしても濃い部分と薄い部分ができ、ムラになってしまいます。

    owlでは、トリートメントの時のコーミングをおすすめしています。
    その後、十分に洗い流します。

    tokio 4 コーミング
  9. Step-9ドライ&ブロー

    tokio トリートメント ドライ

    インカラミ効果に損失を与えないよう丁寧にドライブローします。

    まず根元を中心に乾かします。
    5割程度乾いてきたら、上から下に向けて全体をとかすように乾かします。

    9割以上乾いたところで冷風で冷ましながら仕上げます。その時も上から下に、短い毛を収めていくようにします。

  10. Step-10finish

    tokio インカラミ 施術後

    アウトカラミオイルを少しつけてハンドブローだけで仕上げてみました。

    髪全体にツヤ、ハリ、コシが出ます。
    髪の弾力がでて絡みにくくなりました。
    髪表面の組織が整い、ヘアカラーの発色が美しく出ています。

動画でもご覧になれます。

TOKIOインカラミトリートメントとは

TOKIO0から4までの5種類の薬剤を使用して、ダメージを髪の芯から修復するシステムトリートメントです。

owlでは、TOKIOインカラミトリートメントを単独で施術するメニューと、ヘアカラーやストレートパーマ工程にTOKIOインカラミトリートメントを組み入れた施術メニューをご用意しております。

別ページでは、ヘアカラー+TOKIOインカラミトリートメントのご紹介もしていますので合わせてご覧ください。

各工程ごとの大まかな役割をご説明します。

  1. TOKIO 0

    熱やアルカリで硬くなったタンパク質を柔らかくし、トリートメント成分の浸透を促進します

  2. TOKIO 1

    インカラミのベースとなる、水鳥由来の成分ケラチンを補給

  3. TOKIO 222S2M

    ケラチンを髪の内部にまで浸透させ、髪の内部組織と絡めます【インカラミ】

  4. 加温10分

    熱を加える事により髪の内部にまで浸透させ、インカラミをより促進します

  5. TOKIO 333S3M

    浸透効果の異なる4種類のケラチンを補給し髪の表面を整え、インカラミを完結させます

  6. シャンプー

    髪に浸透しなかった、付着している余分な薬剤を洗い流します

  7. TOKIO 444S4M

    髪の表面に油分を補給し、髪の内部組織とインカラミ効果を保護します

  8. お流し

    余分なトリートメント剤を洗い流します

  9. ブロー仕上げ

    インカラミ効果に損失を与えないよう、丁寧にブローします

トキオインカラミをおすすめする理由

「パーマやカラーでお客様の個性をステキに表現したい・・・」わたしたちの思いです。

しかし、パーマやカラーがお客様の大切な髪を痛めてしまう・・・それが長年の私たちの一番の悩みでした。

そして、すでに髪にダメージがある方には、owlがおすすめするオーガニック製品では即効性が弱く、髪がいい状態になるまで時間がかかる事もジレンマでした。

トキオインカラミトリートメントは即効性にも優れていて持続力も期待できます。

また、ご家庭でアフターケアのTOKIO HOMEを使用していただくと、次回ご来店まできれいな髪の状態が持続できます。

TOKIO HOMEの使用方法は、【step-7】TOKIO4の工程でご説明している様に、コーミングして頂くとより効果的です。

TOKIOインカラミの仕上がりタイプ

上の表で、TOKIO2、TOKIO3、TOKIO4には3つのタイプがあります。

TOKIO4を例にあげると、TOKIO|4標準タイプ、TOKIO|4Sつるつるタイプ、TOKIO|4Mしっとりタイプとなります。

TOKIOインカラミトリートメントのタイプ

どのタイプを使用するかは、お客様のご希望の仕上がり、髪質やダメージ度合いにより、一番適した組合せをスタッフが判断します。

また、工程ごとに使い分けたり、ノーマルタイプとしっとりタイプを混ぜ合わせて調整する事もあります。

カウンセリングの際、お好みの仕上がりをお伝えください。

さいごに

施術時間はTOKIOインカラミ全工程で約30分+ブロー約10分です。

コラム「ローランド O-way ヘアバス・マスク各ラインの紹介」の最後でもお伝えしている様に、

◎髪の水分量が適切になれば、パーマのリッジやクセなど髪の特性が活かしやすくなります。

◎髪の表面が整った状態になれば、ツヤが出てカラーや地毛の色素の発色も美しくなります。

髪そのものが健康な状態になれば、乾燥や湿気などの外気の影響を受けにくくなり、スタイリングはしやすくフォルムは長持ちします。

またヘアカラーの退色を防ぎ、発色の良さが長持ちします。

owlでは髪本来の美しさをより魅力的に引き出すためにrollandオーガニックをおすすめしています。

しかしながら、すでにダメージを受けてしまっている髪には、効果・即効性面で考えると、ケミカル成分で修復する方が有効的だと考えます。

その上で、TOKIOインカラミトリートメントをおすすめしています。

ご予約の際は、お手軽なWEB予約をご利用ください。

owlではTOKIOインカラミトリートメントのクーポンメニューもご用意しております。

ぜひTOKIOインカラミトリートメントをお試しください。